K 邸 « Works

K 邸

事務所兼用住宅です。自宅です。

外観

外観 正面- K 邸

外観です

外壁はセメント成形板の素地仕上とし、その他スチール部は全て濃いグレーとしています。グレー~黒でモノトーンのカラーコーディネイトとしました。

門扉はスチールの門型(H 型鋼)の内に木製格子の三枚引き戸の予定でしたが、予算上将来工事となり、今は門型のみです。

外観 正面 - K 邸

南面からの外観

三階の中央部分を高く R 型屋根として、その天井の高い空間を子供部屋のロフトにしています。

模型

模型 - K 邸

模型

隣家によって写真では見えない部分がよくわかってもらえます。

中にはに面して開口を大きく取り、採光・通風を取り込んでいます。

ロフト階段

子供部屋のロフトへ上がる梯子を階段にと、以前より考えていました。でも、お金がないのでなかなか出来ず、もう竣工後11年になりました。そこで、材料を材木屋+工作所にキッド状に切断してもらい、自分で(妻、子供2人)で作る事にしました。パインの集成材t25を私が描いた図面の通りにパーツ別に細かくカットしてもらい、あとは、素人でも出来るよう難しい納まりはせずにのうてんからのビス止めのみで製作しました。

まず、細かくカットされた材木をみてその多さに驚き、またこれを3階まで持って上がるのかと、ため息がでました。何とか、全部荷揚げができて、ゴールデンウィークを使って、組み立てました。

制作風景

できあがりは下の写真です。

完成1
完成2

収納階段:引き出しは素人では施工困難なので、無印良品の収納ケースが入るようにW寸法を決めてあります。 階段の踏面:19㎝、蹴上:20㎝巾:50㎝です。

子供の友達が来れば、階段が椅子替わりになりくつろいでいます。

完成3
完成4

Last modified of this page: 2005-06-26

アトリエ稜 一級建築士事務所
Copyright © 2005-2009 加藤泰彦